【和訳】Oasis – Champagne Supernova

動画

歌詞&和訳

How many special people change?
どれだけの特別な人々が変わってしまうんだろう?
How many lives are living strange?

どれだけの人がおかしな人生を送ってるんだろう?
Where were you while we were gettin’ high?

俺たちがハイになっている間、おまえはどこにいたんだ?
Slowly walking down the hall

ゆっくりとホールを歩く
Faster than a cannonball

キャノンボールよりも速く
Where were you while we were gettin’ high?

俺たちがハイになっている間、おまえはどこにいたんだ?

Someday you will find me caught beneath the landslide
いつかおまえは地すべりの下敷きになった俺と出会うだろう
In a champagne supernova in the sky

空に浮かぶシャンパンの超新星の中で
Someday you will find me caught beneath the landslide

いつかおまえは地すべりの下敷きになった俺と出会うだろう
In a champagne supernova, a champagne supernova in the sky

シャンパンの超新星の中で、空に浮かぶシャンパンの超新星の中で

Wake up the dawn and ask her why
夜明けを起こし、その理由を問う
A dreamer dreams she never dies

夢想家は決して死なないことを夢見る
Wipe that tear away now from your eye

さあ、頬を伝う涙を拭え
Slowly walking down the hall

ゆっくりとホールを歩く
Faster than a cannonball

キャノンボールよりも速く
Where were you while we were gettin’ high?

俺たちがハイになっている間、おまえはどこにいたんだ?

Someday you will find me caught beneath the landslide
いつかおまえは地すべりの下敷きになった俺と出会うだろう
In a champagne supernova in the sky

空に浮かぶシャンパンの超新星の中で
Someday you will find me caught beneath the landslide

いつかおまえは地すべりの下敷きになった俺と出会うだろう
In a champagne supernova, a champagne supernova

シャンパンの超新星の中で、シャンパンの超新星

‘Cause people believe that they’re gonna get away for the summer
だって夏の間は逃げられるって信じている人もいるからな
But you and I, we live and die

でも俺もおまえも、俺たちは生きて、死ぬ
The world’s still spinnin’ ‘round, we don’t know why

それでも世界は回り続けるんだ、俺たちには理由もわからないまま
Why? Why? Why? Why?

なぜだ?なぜ?なぜ?なぜ?

How many special people change?
どれだけの特別な人々が変わってしまうんだろう?
How many lives are living strange?

どれだけの人がおかしな人生を送ってるんだろう?
Where were you while we were gettin’ high?

俺たちがハイになっている間、おまえはどこにいたんだ?
Slowly walking down the hall

ゆっくりとホールを歩く
Faster than a cannonball

キャノンボールよりも速く
Where were you while we were gettin’ high?

俺たちがハイになっている間、おまえはどこにいたんだ?

Someday you will find me caught beneath the landslide
いつかおまえは地すべりの下敷きになった俺と出会うだろう
In a champagne supernova in the sky

空に浮かぶシャンパンの超新星の中で
Someday you will find me caught beneath the landslide

いつかおまえは地すべりの下敷きになった俺と出会うだろう
In a champagne supernova, a champagne supernova

シャンパンの超新星の中で、シャンパンの超新星

‘Cause people believe that they’re gonna get away for the summer
だって夏の間は逃げられるって信じている人もいるからな
But you and I, we live and die

でも俺もおまえも、俺たちは生きて、死ぬ
The world’s still spinnin’ ‘round, we don’t know why

それでも世界は回り続けるんだ、俺たちには理由もわからないまま
Why? Why? Why? Why?

なぜだ?なぜ?なぜ?なぜ?

How many special people change?
どれだけの特別な人々が変わってしまうんだろう?
How many lives are living strange?

どれだけの人がおかしな人生を送ってるんだろう?
Where were you while we were gettin’ high?

俺たちがハイになっている間、おまえはどこにいたんだ?
We were gettin’ high [x9]
俺たちがハイになっていた

和訳リンク

曲情報

 「シャンペン・スーパーノヴァ」はイギリスのロックバンド、オアシスの2枚目のスタジオアルバム『モーニング・グローリー』((What’s the Story) Morning Glory?)に収録された曲で、このアルバムは1995年10月2日にクリエイション・レコードからリリースされた。

解釈

この歌詞には深い意味はなく、解釈は聞き手に委ねられている

 ノエル・ギャラガーは2005年に、この曲が実際に何について歌っているのかまだ決めかねていると主張した。1995年にNMEのインタビュアーでは次のように語っていた。

 気分によって意味が違うんだ。機嫌が悪いときは、地すべりの下敷きになって窒息するような感じなんだ。この曲はちょっとした叙事詩なんだ。若い頃、集団の中にいて、彼らが自分のために何をしてくれたか考えるけど、何もしてもらえてなかったときのことにについて歌っているんだ。子供の頃、セックス・ピストルズが世界を征服し、その過程でみんなを殺すと信じていた。クラッシュのようなバンドは廃れていった。パンクロックは革命になるはずだったが、実際に革命は起こったのか?まったくそんなことは起こらなかった。マンチェスターは、地球上で最も偉大なムーブメントになるはずだったが、まったくそうはならなかった。俺たちがバンドを始めたとき、誰かのために何かをするつもりはないと決めていた。ただたくさんの素晴らしい曲を残そうと思っていただけだ。
 でも、中には何の意味も込められていない言葉もある。1つは、キャンバーウィック・グリーンかトランプトンか何かにいたブラケット・ザ・バトラーについてだ。彼はホールを歩くのに20分ほどかかっていた。そして、「キャノンボール(大砲)」以外に「ホール」と韻を踏むものが思いつかなかったから、「キャノンボール(大砲)よりも速く、ホールをゆっくりと歩いていく」と書いた。そしたらみんな「すげえな」って感じだった。「Where were you while we getting high? (俺たちがハイになっている間、おまえはどこにいたんだ?」っていうセリフもある。それは俺たちがいつもお互いに言っているセリフだからだよ。
 でも、「Champagne Supernova」と呼ばれるクラブを立ち上げた人の数は信じられないくらい多いよ。アルバムはまだリリースすらされてないっていうのに。

キャンバーウィック・グリーンは1966年にBBCで放送されたイギリスの子供向けTVシリーズのストップモーション・アニメーション。トランプトンとチグレーを含めて三部作になっている。

 2009年のインタビューで、ギャラガーは次のような逸話を語っている。

 このライター、彼は「Champagne Supernova」の歌詞について話していて、実際に俺にこう言った。「この曲が傑作であることを妨げているのは馬鹿馬鹿しい歌詞のせいだ」。それで俺は「それはどういう意味だ?」と聞いたんだ。すると彼は「そうだな、大砲の弾よりも速く、ゆっくりと廊下を歩く?それはどういう意味なの?」って言ったんだ。「わからない。でも、6万人が意味もわからずに歌っているとでも言いたいの?一人一人にとって意味が違うんだよ」

タイトルの意味もなし

 ノエル・ギャラガーがこのタイトルを思いついたのは、ピクシーズのアルバム『ボサノバ』のタイトルを聞き間違えた時だった。当時、彼はシャンパンに関するドキュメンタリーを見ていた。

地すべりの下敷きになる?

 ノエルはガールフレンドのキッチンにあった砂糖瓶を見て”Caught beneath the landslide”(地すべりの下敷きになる)というフレーズを思いついた。
 ▼アルバム『モーニング・グローリー』のブックレットに、その砂糖瓶の写真が載っている。

ライブ映像